目の下のクマを消す方法

目のクマができる訳

 

疲れが溜まっている時、目の下にクマができることがあります。
クマは黒く見えるのでとかく顔色が悪くみられてしまいます。
特に女性の場合、お化粧をしてもクマが目立ってしまい、女性にとって大敵です。

 

クマが黒いのはメラニンによる色素沈着や血行不良で血液が目の周りに溜まってしまうためとされています。
メラニンの沈着によるクマは一種のシミと考えてもいいかもしれません。
血行不良によるクマは疲れやストレスにより、目の下の脂肪が毛細血管を圧迫して血のめぐりが悪くなるものです。
また、疲れが溜まっている時は酸素が不足して血液が黒っぽくなり、皮膚の薄い目の下が黒ずんで見えるのです。
目の下のクマは遺伝する、ということも言われていますが、これは目元の皮膚の厚みが遺伝するため、薄い人はクマが出来やすく、厚い人は出来にくいという事だと考えられています。

 

通常、クマが出来る一番の原因は血行不良です。
毎日パソコンやテレビで目を長時間酷使したり、睡眠不足が日常的になっていると目は疲れたままです。
疲れ目のまま放置しておくと血行不良が改善されず目の下のクマはとれないままになってしまいます。
目を休めてあげることが必要です。

 

色素沈着もクマの原因です。
目の下の皮膚は薄いので紫外線を浴びたり加齢が進むと他の肌のシミやそばかすよりも目立ちやすくなります。
刺激にも弱いため強くこすったりしても黒くなってしまいます。

 

加齢もクマの原因です。
加齢により目の周りの筋肉がたるんできたり、くぼんできたりします。そのため化粧をしても隠しきれないクマになってしまいます。
加齢による皮膚の乾燥もクマの原因ですので、日頃からのケアが大切になってきます。
クマが消えない人は自分のクマがどの原因かを見極めてクマをなくす努力をしなければなりません。