目のクマとパソコン

目のクマとパソコン

今やパソコンは仕事や趣味で日常生活に欠かせないものの一つとなっています。
毎日何かしらパソコンに触れる機会があるかと思います。

 

そして目の下にクマが出来る原因の一つに長時間のパソコン作業が挙げられます。
仕事などでパソコンを使うとどうしても長時間になってしまい、目が疲れて血行不良を起こしクマが出来やすくなります。

 

またパソコン作業はキーを打ち続けることによる肩こり、じっとして作業をするため冷えなどの症状も起こります。
これらはすべて血行不良に繋がり、全身の血流が悪くなってしまいますので、目の下のクマはなかなか改善されません。
朝起きた時とパソコン作業をしたあとでは肌のトーンが違うという統計もありますので、長時間のパソコン作業は目の下のクマをつくり肌の調子を悪くするのです。

 

パソコンだけでなく、携帯電話も眼精疲労に繋がります。
小さい画面を見続けたりメールの小さい文字を打ったり見たりすることによって目が疲れます。
特にスマホはついつい長時間、集中して使ってしまいがちです。

 

目の疲れによるクマから目を守るには目に休息を与えることが大切です。
パソコンや携帯電話は生活の一部になっていますから、普段から目を休ませる習慣をとりパソコンや携帯電話と上手に付き合っていきましょう。

 

パソコンの画面から出る青い光「ブルーライト」が目の疲れの大きな原因ではないかと注目が集まっています。
ブルーライトをカットする、度なしのメガネを登場しました。
パソコンで目が疲れた、疲れが抜けない、という状態が長く続くと遅かれ早かれ目のクマの悪化、眼精疲労へとつながっていきます。
気になる方は何らかの疲れ目対策が必要です。